コンテンツにジャンプ
サイト内検索
トップページ > 県からのお知らせ > 2021年 > 【注意喚起】オリンピック東京大会を控えての情報セキュリティ対策について

県からのお知らせ

タイトル: 【注意喚起】オリンピック東京大会を控えての情報セキュリティ対策について
URL:
概要:

オリンピック東京大会を控え、国内でランサムウェアと呼ばれる不正プログラムの感染により、パソコンやサーバ内に保存しているデータが勝手に暗号化され、その解除のため身代金を要求する事案が頻発しています。

これらの状況を受け、皆様におかれましては、自宅PCや団体ホームページにおいて下記の予防・対応策を採ることなどを御検討くださるよう、お願いします。

侵入経路の把握

  • 不要なインターネットサイト等の閲覧によるもの。
  • ソフトウエアのアップデートの不備やウィルス対策ソフトのパターンファイル更新漏れによるもの。
  • テレワーク環境のセキュリティ対策不備によるもの。
  • 委託業者等セキュリティ対策の弱い拠点からの侵入によるもの。
  • 別のコンピュータウィルス感染が契機となるもの。

予防策~被害を軽減するために

  • バックアップの取得。
  • 団体ホームページにおいて、業者へ委託し独自システムを構築し運用している場合は、組織の機微データや個人情報等に対して、特別なアクセス制御や暗号化の実施。

対応策

  • サーバ、ネットワーク機器、PC等の動作やログの監視を強化する。
  • ランサムウェア感染の兆候を把握した場合、迅速にシステム管理者(委託業者)やPC相談窓口に連絡できることを確認する。

なお、ランサムウェアの感染経路は電子メールだけではなく、サーバやテレワークでの自宅ルータ等のぜい弱性に起因したものも確認されています。

このため、パソコンやサーバや自宅ルータ等のパスワードにつきましては、初期値や英単語等ではなく推測されにくい安全なパスワードの設定を御検討いただきますようお願いいたします。

【参考】

県からのお知らせ

  • NPOデータベース
  • NPO法人ただいま縦覧中
  • NPO法人 届出・申請
  • facebook