コンテンツにジャンプ
サイト内検索
トップページ > 県からのお知らせ > 2018年 > 【内閣府主催】 平成30年度「構成機関における相談業務に関する研修(一般支援者向け)」に係る研修生募集(青少年課)

県からのお知らせ

タイトル: 【内閣府主催】 平成30年度「構成機関における相談業務に関する研修(一般支援者向け)」に係る研修生募集(青少年課)
URL: http://www8.cao.go.jp/youth/bosyu/kousei_kikan/h30/youkou.html...
概要:

内閣府では、複合的な困難や課題を有する子供・若者の支援に携わる人材を養成するため、地域における支援機関等において相談業務の中心を担う公的機関職員・民間団体職員を対象とした研修を実施します。

応募資格 ※ここでは民間団体職員の募集のみ。公的機関職員は別途市町村を通して募集しています。

次に該当し、かつ、1~4のすべてに該当する者。

主にニート・ひきこもり、不登校、発達障害等の困難を有する子供・若者を支援する民間団体に所属していること。

なお、常勤・非常勤の雇用形態は問わないが、応募時におおむね2年以上5年未満の子供・若者に関する相談業務(又は相談業務に準ずる支援)の経験を有し、週3日以上の相談業務に関する勤務をしている者とする(ボランティアは含まない)。

  1. 3日間の本研修の全日程に参加できる者とする。
  2. 平成22年度から平成30年度までの、内閣府が主催しているアウトリーチ(訪問支援)研修の研修生でないこと。
  3. 平成27年度から29年度までの間に、内閣府が主催した困難を有する子供・若者支援に関する研修のうち次に掲げるものの参加者でないこと。  
  • 困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる公的機関職員研修
  • 困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修
  • 専門分野横断的研修
  • 構成機関における相談業務に関する研修
  1. 自己の年齢や実績、所属機関団体での役職に関わらず、「研修生」として学ぶ意欲を有する者。

募集人数

50名程度

研修日程

平成30年11月12日(月曜日)から14日(水曜日)までの3日間で合宿形式

研修及び宿泊場所

国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)

応募方法

内閣府ホームページにある書類(別紙様式2)に必要事項を記載し、所属機関・団体の長からの署名・押印をもらい、内閣府宛てに郵送する。

応募期限

平成30年8月24日(金曜日)※必着

提出先及び本事業に関する問い合わせ先

〒100-8914
東京都千代田区永田町1-6-1
中央合同庁舎第8号館8階
内閣府 政策統括官(共生社会政策担当)付青少年支援担当 工藤
電話番号:03-5253-2111(内線38248)
Eメール: seisyo-shien@cao.go.jp

※交通費及び研修期間中の宿泊費については、内閣府の負担となります。
※その他詳細は、上記URLを御覧ください。

県からのお知らせ

  • NPOデータベース
  • NPO法人ただいま縦覧中
  • NPO法人 届出・申請
  • facebook