サイト内検索
トップページ > 県からのお知らせ > 2017年 > 【1月19日開催】共生・共助つながりづくりフォーラム~「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin埼玉」~の参加者募集(埼玉県社会福祉協議会)

県からのお知らせ

タイトル: 【1月19日開催】共生・共助つながりづくりフォーラム~「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin埼玉」~の参加者募集(埼玉県社会福祉協議会)
URL: http://www.fukushi-saitama.or.jp/site/volunteer/news/newest/post-177.h...
概要:

民生委員制度創設100周年を記念し、標記フォーラムを開催します。

「共に生き・共に助け合う」地域を実現していくために、地域での実践報告を通して、「地域のつながりづくり」について考える機会とするとともに「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーin埼玉」として、子ども食堂の理解者を増やし、活動の裾野を広げるために開催します。

  • 申込期限を1月12日(金曜日)まで延長しました
  • 分科会1,2,3のうち、第2分科会は定員に達しました。第1分科会または第3分科会へお申込み下さい

開催概要

  • 日時
    平成30年1月19日(金曜日)10時30分~15時30分

  • 会場
    埼玉会館 大ホール他
    (JR浦和駅西口徒歩約6分)

  • 主催
    埼玉県、社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会、一般財団法人埼玉県民生委員・児童  委員協議会、「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアーin埼玉実行委員会

  • 定員
    1,300人(会場定員)


内容

  • 基調講演 「誰もがつながり、助け合える地域に向かって」
    神奈川県立保健福祉大学 名誉教授 山崎美貴子 氏
    「地域における助け合い」や「こども食堂」の必要性についてお話しいただきます。

  • 記念講演「出張!ゴルゴ塾 命の授業」
    TIM ゴルゴ松本氏
    「命」など漢字を体で表現するギャグでおなじみのTIM ゴルゴ松本氏は、2011年から少年院でボランティア講演の活動をスタート。漢字の話、歴史の話など笑いを交えながら、「命」をテーマに魂のこもった熱い授業を展開します。

  • こども食堂や地域での実践報告に関する分科会

【分科会1】
地域共生社会の実現に向けた各団体の取組み

(1)こども食堂の取組
  越谷こども食堂代表 埼玉県こども食堂ネットワーク代表 野口和幸 氏
(2)高校生の民生委員活動体験
  埼玉県民生委員・児童委員協議会顧問 奥冨孝一 氏
(3)保護司活動について
  さいたま浦和地区保護司会会長 相川孝巠 氏
(4)住み慣れた地域で暮らし続けるために
  羽生市社会福祉協議会 はにゅうささえ愛隊川俣地区協力会員 齊藤隆 氏



【分科会2】こども食堂で広がろう
(こども食堂に関わりたい方、知りたい方、運営しようと考えている方) 定員100名※受付終了

  • 講義及びパネルディスカッションコーディネーター
    「こども食堂の成り立ち・定義や全国の活動状況」
    こども食堂ネットワーク事務局長 釜池雄高 氏

  • 事例発表
    (1)さいたま子ども食堂代表、埼玉県こども食堂ネットワーク事務局長 本間香 氏
    (2)学生団体じゅげむ代表 大岩駿介 氏



【分科会3】
こども食堂でつながろう
(こども食堂運営者対象)定員100名

  • 講義
    「食物摂取によるアナフィラキシーショック時の対応、 子どもを取り巻く危機管理について」
    埼玉県立大学保健医療福祉学部 医学博士 准教授 上原美子 氏

  • 事例発表
    (1)特定非営利活動法人カローレ副理事長、埼玉県こども食堂ネットワーク副代表 浅見要 氏
    (2)チームひだまり会長 上蓑礼子 氏
    (3)ひまわり倶楽部 ひまわり食堂 主担当 南部健一朗 氏
    ※コーディネーター 埼玉県共助仕掛人 藤井美登利 氏


申込み・お問い合せ

社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会
地域福祉部 地域活動支援課

埼玉県ボランティア・市民活動センター(担当:山野邊、清川)
電話:048-822-1435
ファクス:048-822-3078
メール:yamanobe@fukushi-saitama.or.jp


チラシはこちら

県からのお知らせ

  • NPOデータベース
  • NPO法人ただいま縦覧中
  • NPO法人 届出・申請
  • facebook