サイト内検索
トップページ > 活動レポート > 平成18年度の助成団体に聞きました!

平成18年度の助成団体に聞きました!

住まいとまち創り集団 木犀

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第9回~

「旧七ツ梅酒造の保存と活用提案」事業では、旧七ツ梅酒蔵に関する歴史的建造物の調査やワークショップを通じて、建物の有効活用案を提案するとともに、「伝統と現代の共存」をテーマに現代アート展を開催し、歴史的建造物と現代アートのコラボレーションを行いました。

そばネット埼玉

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第8回~

「第1回手打ちそばアカデミーinさいたま」事業では、伝統食文化としての手打ちそばの健全な普及・啓蒙を図るため、講義・実技を開催し、併せて、親子そば打ち教室を実施しました。

菜の花エコプロジェクト埼玉

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第7回~

「埼玉県における菜の花プロジェクトネットワークづくり」事業では、菜種油を使ってバイオディーゼル燃料を普及するネットワーク作りを呼びかけるために、講演会を開催するとともに、「埼玉県菜の花エコネット」というプロジェクトを発足しました。

障害者自立支援センター・めだか

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第6回~

「障害者自立支援ステップアップ事業」では、手作りのパンの店頭販売による地域の人たちとの交流やチャレンジ社会体験活動を通じて、障害者の自立を図りました。

子ども広場草加おやこ劇場

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第5回~

「子どもがアートに出会う、あそぶ、体験ひろば」事業では、手作りのおもちゃを使って親子で遊ぶ楽しさや、創造的な体験を実現できる場を地域に広げるため、0~3才児向けの遊びの広場や音楽体験ワークショップコンサートの開催などを実施しました。

ときがわ山里文化研究所

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第4回~

「元気な山里づくりで元気な市民交流事業」では、都市市民と山間住民の交流を目的として、そば打ち体験やこんにゃく作り等を実施し、山里地域の活性化を図りました。

名栗カヌー工房

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第3回~

「間伐材で炭作り~炭を使って水質浄化~」事業では、森林に放置されている間伐材を活用して、名栗川の水質浄化に利用する炭をつくるため、炭焼き窯を製作しました。併せて、炭焼き体験教室を実施しました。

ぶどうの樹

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第2回~

「仲間の夢計画ブルーベリー農園スタート事業」では、障害を持つ子どもが社会参加するための場所を確保するための観光農園設立に向け、デイケア施設の利用者、知的障害者、ボランティアにより、日高市内の農園でブルーベリーの苗を植える作業を行いました。

ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

~平成18年度ステップアップ事業のそれから 第1回~

行田市の歴史的建築物を巡るコースを設定するとともに、中心市街地活性化を目的として、建物を有効活用するための提案を行いました。