コンテンツにジャンプ
サイト内検索
トップページ > 助成金情報 > アジア・市民交流助成【新型コロナウイルス対応特別プログラム】(独立行政法人国際交流基金)

助成金情報

タイトル: アジア・市民交流助成【新型コロナウイルス対応特別プログラム】(独立行政法人国際交流基金)
締切日: 随時・複数締切日
URL: https://www.jpf.go.jp/j/program/ac.html#ac_2-2
概要:

新型コロナウイルスが全世界的かつ急速に蔓延している状況の中で、多くの国際文化交流事業が中止や延期を余儀なくされています。今般の事態が「未曽有の文化的危機である」との認識のもと、このような世界的状況の中にあっても、アジアにおける人々の交流基盤 が損なわれることのないよう、ASEAN 諸国を中心とするアジアとの、国境を越えた人の移動を伴わない革新的な交流事業を企画・実施する日本国内の団体を対象に、経費の一部を助成します。

助成対象事業

日本及びASEAN10か国 (インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス) の人々が主体となって 実施される 、国境を越えた人の移動を伴わない共同事業。
日本及びASEAN10か国が主対象で、日本からの参加があれば 、多国間の交流事業でも対象となります 。

特に、従来予定していた様々な交流事業(制作、イベント、研究交流など )の中止または延期を受け、文化/芸術関係者・アーティスト・知識人・国際交流実践者が企画する代替事業の応募を奨励します。

申請資格

ア 日本に活動拠点をおく団体であること。個人に対する助成は行いません。

イ 事業を計画に従い遂行する組織体制を有していること。

ウ 申請団体名義の国内銀行口座を保持していること。もしくは助成金の受諾までに開設できること。

エ 各種提出書類の作成及び国際交流基金との連絡を日本語もしくは英語で支障なく行えること。各種提出書類の作成及び国際交流基金との連絡を日本語もしくは英語で支障なく行えること。

オ 「独立行政法人国際交流基金反社会的勢力への対応に関する規程」(平成27年度規程第52号)第2条第2項第1号に定める反社会的勢力に該当しないこと。

助成対象期間

2020年7月1日(水曜日)~11月15日(日曜日)

助成額

  • 【助成金総額】1億円 (予定)
  • 【助成金上限】1案件あたり原則 200万円

提出方法

メールで提出

メールアドレス:jfac-grant-pp@jpf.go.jp

紙媒体で提出する場合の郵送先

郵便番号160-0004
東京都新宿区四谷1-6-4 四谷クルーセ3階

独立行政法人国際交流基金 アジアセンター
文化事業第2チーム  アジア・市民交流助成 係

申請受付期間

2020年6月1日(月曜日)から随時受付。
※10月中頃までの受付を予定だが、採択状況により早めに終了する場合がある。

お問い合わせ先

独立行政法人国際交流基金アジアセンター
文化事業第2チーム アジア・市民交流助成 係

郵便番号160-0004
東京都新宿区四谷1-6-4 四谷クルーセ3階
独立行政法人国際交流基金
メールアドレス:jfac-grant-pp@jpf.go.jp

※多くのスタッフが在宅勤務中のため、電話でのお問い合わせには応じられません 。

  • NPOデータベース
  • NPO法人ただいま縦覧中
  • NPO法人 届出・申請
  • facebook